病気やけがについて
 yukkeは予防注射以外に、何度か病院に行く羽目に
なった事件!を起こしています。
 はじめは「ひざの脱臼」。テーブルの上の何を取
ろうとしたのか、jump! jump! jump!
 その内に、キャンって甲高い声がしたと思うと後ろ
足を引きずっているのです。驚いて病院に連れて行く
と、プードルの足はとても細く関節が弱いので、あま
りジャンプさせないでくださいとのこと。
 その場できゅきゅっと関節を治してもらい、帰りは
元気に歩いていました。

 二度目は主人が散歩させていた時のこと。いきなり、後ろから音もなく近づいてきた放し飼いの大きな犬にお尻を噛まれ、
ぼろきれのように振り回されていたのです!
 驚いた主人はその大きな犬を蹴っ飛ばし、ようやくyukkeを助け出したのですが、恐怖で興奮しているyukkeは主人の手に
噛み付くほどパニック状態。
 幸いにもすぐ近くにかかりつけの動物病院があったので連れて行ったところ、内臓は傷ついていない様子で大事には至り
ませんでした。傷はすぐに良くなったのですが、精神的ショックはかなり大きかったようで、それ以来、犬恐怖症になり、
公園にあるコンクリートでできた黄色いトラにもびびって歩けなくなる、へたれ犬へと成長しました。

 その他にも、「甥っ子がバレンタインにもらって大事にしていたハリネズミのチョコレートを盗み食い事件」や「使用済
みカイロを食べちゃった事件」、それから「発酵中のパン生地を食べておなかがまあるく膨らんだ事件」「ごきぶりほいほ
いにつかまった事件」など、数え上げればきりがないほどのあほなことをやらかしてくれます。

●戻る●